芦屋市三条南町の歯科医院 尾上歯科クリニック

インプラント

インプラントでは、部分入れ歯、総義歯があわない方、一度ご相談ください。

歯が欠損した部位を何らかの方法で補わなければ、咬合(咬みあわせ)が悪くなり全身に悪影響を及ぼす原因にもなります。
一般的には、ブリッジ、義歯にて行われますが、違和感が大きい、歯牙をあまり削りたくない、などの場合 インプラントの適応になります。
ただ全ての場合にインプラントが可能なわけではありません。
インプラントを埋入するには十分な骨があることが第一条件となります。
現在では骨のないところに骨を造る技術も確立されつつあります。

インプラントとは、歯が欠損し何らかの原因で失ってしまった時、義歯が簡単には外れてこないように、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)を入れる1つの方法です。
現代多く行われているインプラントは純チタンか、チタン合金で出来ており、歯肉の内部にある顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。
ブリッジや義歯では堅いものを咬むと痛みがあったり、咬むたびに入れ歯が動いたりと必ずしも納得のいく使用感が得られたわけではありません。
しかし、チタン合金でできた人工歯根は3ヶ月 ~6ヶ月で骨と直接結合する性質があるため、より自然の歯に近い噛み心地と美しい歯を手に入れられる治療法と言えます。

PAGETOP
Copyright © onoe dental clinic All Rights Reserved.